ネットビジネス私塾「石田塾」は詐欺なのか?

皆さんは、ネットビジネスを教えるオンラインスクールの石田塾をご存知ですか?運営しているのは、ネットビジネスでは大御所の石田健さん。

なんと、オンラインスクールの中では群を抜いて古く、2004年から運営されており、今回で11期を迎えようとしています。今ネットビジネスでブイブイ言わせている人たちが子供だった頃からやってる訳です。

石田塾11期で教えているのは、主にアフィリエイトとコンテンツ(情報)ビジネスの2つ。

その他にも、ネットを使って稼ぐ方法を色々と説いており、まあ、ネットで稼ぎたいなら絶対学んでおいたほうが良いというものです。

そんな石田塾ですが、詐欺なんじゃないかと心配されたり、噂が流れたりしているみたいです。

自分は、石田塾に在籍していたことがあるのでわかるのですが、石田塾は、詐欺なんかではないです。

石田塾 詐欺かどうかは、実際に石田塾生の話を聞くのが一番良いです。

だって石田塾に入ってもいない人が詐欺だ詐欺だと騒ぎ立ててるのを真に受けてもしょうがないじゃないですか。石田塾生じゃないのになんで詐欺だってわかるの?という話です。

石田塾生は詐欺じゃないと主張し、石田塾生じゃない人は詐欺だと主張する。どっちを信じるべきかは、明白ですよね。

しかし、石田塾生は運営からなにかしら賄賂をもらってそう言わされているんじゃないか?という考え方もできます。

でもこれも残念ながらあり得ません。

こう言うのもなんですが、石田塾の入会費は30万円と決して安い値段ではありません。

これで詐欺のような内容なら当然、塾生は騒ぎますよね。それを黙らせて「石田塾は詐欺じゃない」と言わせるには、少なくても30万円以上の賄賂を渡さないと成立しないわけです^^;

30万円×受講生の数(数百人)。

当然そんなことしてたら石田塾なんてとっくに潰れています。なので、塾生たち(自分も含めて)の主張は本音なわけです。この点は納得してもらえたと思います。

では、なぜ塾生じゃない人は石田塾を詐欺だと言いたがるのか?これを自分なりに考えました。

一言で言うと同業者の仕業です。つまり塾みたいなものを細々とやってる人たちなのです。

でも如何せん知名度が無いから集客に苦戦しています。そこで登場するのが有名な塾のネームバリューを利用して集客するやり方です。

自分の商品や名前はネットで検索なんてされませんから、「石田塾」で検索してきたユーザーを狙うんです。

そこで「石田塾は詐欺だ!でも私のところは安心ですよ」という風にユーザーを自分の商品に誘導するんですね。弱者の姑息なやり方です。名誉毀損で訴えられても仕方ないですよね(実際に訴えられてる人もいるみたいです…)。

その証拠に、石田塾以外の有名な塾も手当たり次第ディスってますし、文章の最後には絶対に自分の商品の宣伝があります。仮にこの手のサイトで宣伝が無いサイトがあればそれは幾らか信用できるかもしれないですね。

とにかくそういうカラクリで詐欺の噂が一人歩きしているのであまり真に受けないでくださいね~。